FC2ブログ
jiko sato
http://kokorozen4.blog85.fc2.com/
World Wide Weblog
JAPAN
二条城・平和の誓い式典特集 会津高校・堀川高校 被爆アオギリ記念植樹
2013-10-27 Sun 14:35
二条城・台所にて―

10月25日午後1時より開かれました式典の写真特集です。



W台風の中、招待の福島県立会津高校生21名の皆さん!
式典に望みます。


1DSC_4562.jpg

2DSC_4563.jpg

4DSC_4561.jpg

5DSC_4570.jpg

6DSC_4565.jpg

7DSC_4576.jpg

8DSC_4580.jpg

9DSC4577_2013102817271494f.jpg

10DSC_4583.jpg

12DSC_4589.jpg

13DSC4591.jpg

14DSC_4595.jpg

15DSC_4601.jpg

17-1DSC_4611.jpg

17-2DSC_4612.jpg

17DSC_4608.jpg

18DSC_4610.jpg

19DSC_4554.jpg

20-1DSC_4613.jpg

20-2DSC_4614.jpg

20-3DSC_4615.jpg

24DSC_4579.jpg
対の苗木には、それぞれ名前がつけられました。左側がきょうとくん、右側があいずさんです。



24DSC_4579.jpg
この二人を、幾久しくどうぞよろしくお願い致します。



25DSC_4582.jpg
除幕を厳かに待つ、特製プレート。


26DSC.jpg
2本のアオギリです。2本からドラマが生まれるのです。


27DSC_4620.jpg
存在感を示す、きょうとくん! 
京都市長さん、堀川高校生徒会長佐々木祐介さん、会津高校の諏江霞純さん、の手による鍬入れです!


27DSC_4625.jpg
あいずさんです。見事に花開かせましょう!



28DSC_4619.jpg
違いを認め、違いを超えて――二人の支え合う姿を見に来てください!あなたを二条城でお待ちしています。



29DSC_4618.jpg
心で、声を聞いてくださいね。



30DSC_4624.jpg
   このプレートは、京都市教育委員会が制作寄贈致しました。
   デザイン、日英語文言、共に独自性を発揮して、
   世界中から訪れる拝観者に見ごたえのある仕上がりとなっています。




31DSC_4626.jpg
城代家老 藤川好寿所長さん ( 正式役職名は、元離宮二条城事務所 所長さんです。世界のVIPもお迎え致します )
の、歓迎のごあいさつ。


33DSC_4630.jpg



34DSC_4627.jpg



35-全員集合写真DSC_4634




こちらは、公式ブログ・全てがわかる、被爆アオギリ里子運動です。
一目瞭然にしてください。ここからどうぞ


スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | top↑
世にも不思議な話。 衝撃! 会津屈指の名将・佐川官兵衛は、大分で祀られていた―その墓所は、何と…!!
2013-10-07 Mon 19:53
8月27日火曜日、
私は、会津若松市に初めて参りました。


一番の目的は、
会津高校を昼1時に訪問して、
教頭先生にご挨拶する事と、
10月25日の京都・二条城に於ける会津高校生徒との記念植樹鍬入れのご説明、ご依頼でした。


朝、着いていましたので、
先に、会津弔霊義会理事長の芳賀先生とお会いさせて頂きました。


先生にお世話になり、
まず、
飯盛山の白虎隊の墓所に御参りさせて頂きました。

1-DSCF1439.jpg



飯盛山・自刃の地から、鶴ヶ城を臨む。
2-DSCF1460.jpg



白虎隊、歴史検証プレート。
3-DSCF1459.jpg





場所は変わって、市内中心地にある、蒲生氏郷の墓所。
4-DSCF1483.jpg


5-DSCF1476.jpg


6.jpg





芳賀先生にお見送り頂き、午後1時前、会津高校に着く。
7-DSCF1489.jpg






要件を済ませて、あとは鶴ヶ城の周辺の散策です。
8-DSCF1505.jpg



各所に建てられている碑文を、見落とす事なく、丁寧に見て回ります。
佐川官兵衛顕彰碑、というのを見つけました。
9-DSCF1514.jpg


10DSCF1512.jpg



この石碑に刻まれた文言に、衝撃を受けました。中央部を注意して、文言をお読みください!
大分県護国神社と彫られているではありませんか!!
11-DSCF1508.jpg



由来が書かれています。
大分県護国神社から、佐川官兵衛はようやく会津の地に還って来た―何とそれは、12年前!
初めて事実を知った。何も知らなかった!
その衝撃は、今だに続いているのです。
12-DSCF1510.jpg




10月4日昼大分に帰省。大分県護国神社展望台から海側を望む。
写真中央部、やや右寄りにプール、その手前に道路が見える。
プールの左隣、道路に面した四つ角が私の実家、ここに本籍がある。
13-DSCF1715.jpg


14-DSCF1717.jpg



展望台から手前側に戻ると、境内地中央部にこの看板がある。
展望台は、看板左側、道路に最も近い位置にある白い □ 印。
やや斜め右上に、参道から入る広い区画が見える。
ここが、佐川官兵衛の墓所なのです!
15-DSCF1721.jpg



西南の役警察官墓地。写真の上をクリックして拡大してください。103名の名前と出身県が書かれています。
佐川官兵衛の名前は、左側下から4段目に見えます。
16-DSCF1744.jpg


17-DSCF1745.jpg



佐川官兵衛は、奥左端にいます!
18-DSCF1753.jpg


19-DSCF1758.jpg



右側に福嶋縣士族、左側に明治十一年九月の文字が見えます。墓石建立の記録です。
20-DSCF1761.jpg


21-DSCF1730.jpg

ここまで、ご覧いただき有り難うございます。
遠く、会津の佐川官兵衛は、明治11年9月(1878年)~12年前の平成13年9月まで、
123年間もここ大分で、眠り続けていたのです。


それは、
私の実家の前、隣接していると言っても言い過ぎではなく―
歩いてすぐ行けるところであり、

物心つく前から慣れ親しみ、
既に、故郷の懐かしい思い出の一部であった、という事です。

その衝撃は、いまだにおさまる事が出来ません。

別窓 | 未分類 | top↑
感動の安積高校合唱団。指揮する鈴木先生は、銀沙灘の中で?!
2012-07-29 Sun 18:10
安積785



安積786



安積788



安積789




安積791




安積794




安積798




安積808




安積810




安積824

別窓 | 未分類 | top↑
これが子ども国会だ! 本物よりスゴイ?
2012-06-12 Tue 11:53
全部子どもです!!            ( 参議院・こども国会のホームページより転載 )

子ども本会議

img_50_1_s.jpg



子ども委員会
img_50_2_s.jpg



子ども国会議員の報告 ( 白熱した雰囲気。やってくれてます!)
img_50_3_s.jpg



子ども本会議 ( 子どもに任せた方がいいです )
img_2000_1_s.jpg



子ども委員会 ( 身なりは子どもでも、中身は大人以上です!)
img_2000_2_s.jpg



子ども国会議員の報告  ( 真摯な態度。感謝です )
img_2000_3_s.jpg

別窓 | 未分類 | top↑
公式記録!タイムカプセル・被爆アオギリ 記念セレモ二ー
2012-03-29 Thu 14:53
3月24日。昼1時開始。

福島市、日本庭園・浄楽園。

( 天気予報では☂。実際は☃ )
それが、セレモニー開始直前から、寒々とした、垂れこめた雪雲は消え行き、
みるみるうちに晴天に変わって行ったのです。

会場は勢いがつき、希望と夢にわきました。

晴れやかに暖かく、有り難く。
皆さんの手により行われました、タイムカプセル・被爆アオギリ記念セレモニー。




写真は、猪狩さん( 全国高等学校総合文化祭推進室 )、ご提供。

ふくしま総文の締めくくりを兼ね、10年後の未来に再会を誓ったセレモニー!

それでは、順々に見て参りまょう!



ここは、全国高等学校総合文化祭推進室。福島県教育庁10階角。
3月21日、水曜日昼、滋賀県栗東市よりタイムカプセル ( 右 ) とモニュメント ( 左 ) が到着。
夕陽に、まぶしく照り輝いています。

第35回全国高等学校総合文化祭  ふくしま総文、 と標されています。
IMG_5698_960_720.jpg


ステンレス製モニュメント。
タイムカプセル  開封予定  2022年3月11日、 寄進 HORIBA と標されています。
IMG_5699_960_720.jpg





浄楽園、24日。セレモニー直前の、昼過ぎです。空が晴れて行く! (それまでは雪、みぞれ)
IMG_5719_960_720.jpg


本当に晴れた! 集まり始めた皆さんです。足取りは軽く!
IMG_5720_960_720.jpg


タイムカプセル埋設と、アオギリ植樹の場所です。
IMG_5721_960_720.jpg


「ぺしゅ。」 さっそうと登場。ふくしま総文の人気キャラクター、 これで勢いがつきます!
IMG_5722_960_720.jpg


高校生たちの手によって、タイムカプセルに詰められていきます。
IMG_5723_960_720.jpg


写真中央、「ぺしゅ。」のぬいぐるみを手にしているのは、木村 忍さん。
IMG_5724_960_720.jpg


ぬいぐるみも、タイムカプセルの中へ。 「 手にしているのを、入れ忘れてはいませんか? 」
IMG_5725_960_720.jpg


あとは、蓋をかぶせるだけ。中央の司会進行役の生徒。手にペンを持ち、開式に備えています。
IMG_5726_960_720.jpg


陽射しが強くなっていく。対のレジ袋にアオギリ、その間に穴が ( タイムカプセル用 ) 見えます。
IMG_5727_960_720.jpg


タイムカプセルの封印を見守ります。秒読みです。
IMG_5728_960_720.jpg


密封します! その瞬間。
IMG_5729_960_720.jpg


見守る皆さんの目線は釘づけ! 手を合わせる人も。
IMG_5730_960_720.jpg


いよいよセレモ二-の開式です。生徒たちにより始められます。
そして、ぺしゅ。の後ろ姿。旅姿三度笠のようでもあり、風情がありますねェ。
IMG_5731_960_720.jpg


3年生に進級の生徒による挨拶です。( 昨年、京都の国文祭にも出場。活躍されました )
IMG_5732_960_720.jpg


IMG_5733_960_720.jpg

タイムカプセルの蓋を、ネジで止める、高文連理事長・和田直也先生。
接合部は、更にパテでコーキングします。鎖もつなぎます。( 使用説明は後ほど )
IMG_5734_960_720.jpg


浄楽園 園主 玉根元次 ( たまねもとじ ) さん。受け入れのご挨拶。庭園の作業もなさいます。
IMG_5735_960_720.jpg


玉根元次さん、喜んでおられます。( 少しシャイなのです )
IMG_5736_960_720.jpg


タイムカプセル・モニュメントご寄進の堀場製作所。
京都本社からのご挨拶。山口真矢さん ( 環境・プロセス営業統括室 室長 )
IMG_5737_960_720.jpg


生徒たちは、タイムカプセルを鎖で吊るしながら、埋設します。重い物を平行に降ろすのです。
IMG_5738_960_720.jpg


丁寧に、大切に執り行われます。晴れてくれてよかった。晴れたから、ここまで出来たのです。
IMG_5739_960_720.jpg


しっかりと見届ける生徒の皆さん。生き証人ですね。10年後の証しびとです。
IMG_5740_960_720.jpg


福島テレビが取材しています。この後、夕方6時のニュースで放送。感動は、福島県中に!
IMG_5741_960_720.jpg


ぺしゅ。の鍬入れです。
IMG_5742_960_720.jpg


ぺしゅ。の頭、やたらとデカイ! 桃なんです。おいしそ~
IMG_5743_960_720.jpg


ぺしゅ。  丸。までが、名前です。すると、例えば文中では、ぺしゅ。、~となります。
IMG_5744_960_720.jpg


鍬入れが終わって、背を向けるぺしゅ。なのです。
IMG_5745_960_720.jpg


何と!広島テレビまでもが、取材! なぜ知っているのでしょうか!広島からどうやってここまで来れたのでしょうか!驚きです。
IMG_5746_960_720.jpg


偶然が重なったのでしょう。でもこれはもう、ご縁としか、言いようがありません!
IMG_5747_960_720.jpg


アオギリの苗木の側に、白いカードが。広島市長名で、アオギリの由来が書かれています。
それぞれの苗木には、名前が付けられているのです。右は、そーぶん、左側は、ぺしゅ。。
IMG_5748_960_720.jpg


生徒たちは、しっかりと鍬入れを、チームワークもいいですね。
IMG_5749_960_720.jpg


中央、土をかぶせられたタイムカプセル。なお、上のアオギリは、そーぶん、下のアオギリは、ペしゅ。です。
今後とも、どうぞ二人をよろしくお願い致します。
IMG_5750_960_720.jpg



さて、画面左、鎖が見えます。 地表に出しておかないと、埋めたのは何処か、わからなくなる!?
IMG_5751_960_720.jpg


あしたの会の皆さんも、鍬入れを致します。
IMG_5752_960_720.jpg



IMG_5753_960_720.jpg


どこでも、ぺしゅ。を中心に。
IMG_5754_960_720.jpg


式典は全て終わり、記念撮影へ。  「ぺしゅ。」 の、デカ頭が目立つ。
IMG_5755_960_720.jpg


あしたの会の皆さんも、高校生たちに立ち会えて、誇らしげそう。
IMG_5756_960_720.jpg


とてもいい集合写真です。良い記念となりました。
IMG_5757_960_720.jpg


さあ行くぞ 「 がんばろー!!! 」
IMG_5758_960_720.jpg


「ぺしゅ。」 の存在感は大きかった。
IMG_5759_960_720.jpg


あーやれやれ。 大役ご苦労さまでした。
IMG_5760_960_720.jpg


「 皆さ~ん、浄楽園にお越しくださいね。アオギリやタイムカプセルモニュメントに出会えます 」
IMG_5761_960_720.jpg


再びしゃがむ、ぺしゅ。です。
IMG_5762_960_720.jpg


「 私は、誰でしょう? 」
IMG_5763_960_720.jpg


「ぺしゅ。」 は彼女でした。お疲れさまー
IMG_5764_960_720.jpg


いよいよ解散です。ふくしま総文のお土産 ( 文集、はがき等 ) が、参加者に配られます。
IMG_5765_960_720.jpg


ありがとう!集まった8人の面々。ご苦労さま。
IMG_5768_960_720.jpg


10年後に向け、スタート! 新たな挑戦が開始されるのです。絆を大切に!
IMG_5769_960_720.jpg

別窓 | 未分類 | top↑
樹齢300年の被爆クスノキ、その姿は観音像へ!
2012-02-27 Mon 18:16
( 総括はここをクリックしてご覧ください )


広島の、被爆クスノキ、樹齢300年。
巨木です。

その霊木は、仏師・中西平さんの手により、観音像に姿を変えようとしています。

その貴重な、ノミ入れ式のようすを、詳細にご紹介致します。

2月11日、広島市の長性院 ( ちょうしょういん ) で、執り行われました。


1987年の大雨で傾いた巨木、被爆クスノキ。
傾倒寸前になったため、その当時、上部を切り保存したのです。
それが後に、仏像へと姿を変える事になります。
( 長性院 境内地 )
1IMG_0223_960_640.jpg




工房で加工中の、中西さん。
2IMG_0098_640_960.jpg




二つを張り合わせます。
中の空洞に、有縁の皆さんの、誓願文・結縁文を納めます。
3IMG_0215_960_640.jpg




頭部は、広島で完成の後、京都での奉納式典中に、初めて合体されます。
4IMG_0134_960_640.jpg






5IMG_0135_960_640.jpg





ノミ入れ式の前に、彫刻の解説をする中西さん。
手前左端は、お弟子の吉田幸生さん。その隣は、お兄さんの、中西隆さん。
7IMG_0141_960_640.jpg





光背の部分の解説です。紙に書いている部分がそうです。
( 中西さんは、裸足をモットーとしています )
8IMG_0139_640_960.jpg





手前にあるのが、完成予想写真。全体像が見えます。
12IMG_0132_640_960.jpg






長性院本堂での式典。
9IMG_0153_960_640.jpg





中西さんは、ここの檀家です。
11IMG_0158_960_640.jpg






中西さんによる、ノミ入れです。
13IMG_0174_640_960.jpg





続いて、参加者皆さんによるノミ入れ。
長性院ご住職も、嬉しくてニッコリ。
14IMG_0217_960_480.jpg





中西さん兄弟はそっくり。見分け方、顎ひげがない方がお兄さん。お兄さんは、にっこり!
15IMG_0205_960_640.jpg





嬉しく、楽しそう!
16IMG_0196_960_640.jpg





興味しんしんです。
17IMG_0180_640_960.jpg





山田忠文さんも、ノミを入れます。
19IMG_0212_640_960.jpg

別窓 | 未分類 | top↑
宮崎労働金庫、講演会です。
2011-12-23 Fri 18:22
( お知らせ・ニュースの12月23日をあわせてお読みください )

年の瀬12月20日、九州宮崎市の労働金庫宮崎本店に於いての講演会です。
講演に先立ち、東日本での災害犠牲者に黙祷をささげ、1日も早い復興を祈念致します。
会場は、労働金庫内大ホールです。左側に、演題等が掲げられています。

宮崎講演会125縮小_convert_20120201180408

宮崎講演会126縮小_convert_20120201180518



講演は、夜の7時20分から始まりました。

宮崎講演会127縮小_convert_20120201180612

宮崎講演会128縮小_convert_20120201180657




机の上に緑色の紙が見えますが、プロフィールが書かれているようです。

宮崎講演会129縮小convert_20120201180745





青年女子部より、花束をお受けいたします。講演の感想とご挨拶を頂きました。
( ホワイトボードには、421名、嬉しい、フクシマ等の文字が )

宮崎講演会131縮小_convert_20120201180941




御礼を申し上げます。
( ホワイトボードには、ふくしま総文の文字が )

宮崎講演会132縮小_convert_20120201181031



別窓 | 未分類 | top↑
浄楽園さんをお訪ねして (吾妻小富士)
2011-12-19 Mon 23:47
12月5日月曜日お昼前、浄楽園さんをお訪ねしました。( お知らせ・ニュース12月13日をご参照下さい )
福島県福島市桜本の広大な敷地には、只々驚かされます。
これが、玉根元次さんの持ち物なのですから。

066縮小1600





天気雨なのです。
054縮小2A600






057縮小3A600




敷地は25000㎡。10年以上の歳月をかけて造園!
064縮小600




アオギリさんは、どこに植樹されるのでしょう。
065縮小5600







063縮小6600







060縮小7600







059縮小8600







058縮小9600







062縮小10600





茶店まであるのです。その縁側。
067縮小11600





茶店の中で、玉根元次さんです。
068縮小12600




記念写真です。今は、冬期で閉園しています。開園は3月20日から、楽しみですね。( 撮影木村忍さん )
070縮小13600






別窓 | 未分類 | top↑
心を一つにして! 旅たちの朝、銀閣寺に集合!
2011-11-10 Thu 18:07
銀閣寺の正門です。朝一番、
集合した相馬市立向陽中学の皆さん。生徒70名引率3名です。

爽やかな、素晴らしい秋晴れに恵まれて、8時30分ジャスト、開門します。

「 お早うございます! 」  

( お知らせ・ニュースの11年11月4日を、あわせてお読みください )


20111110091817b37.jpg




73名は銀閣寺書院に招待されました。
大人でも入られない非公開文化財の間です。
( 文化財立ち入りには、事前に書類を提出しての許可が要ります。写真撮影は出来ません。撮影者は、書類で名前と所属を申請して許可を得ています。腕章を付けます )

学生が、しかも集団で入ったのは向陽中学が、銀閣寺の歴史上、おそらく最初です。
過去に例がない。大切なお話を特別に聞かせる為なのです。

風評についての心構えを説きます。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学002



話す方も真剣、聴く方も真剣です。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学004


左側をご覧ください。
ふすまに対して、1m離れ、間隔をとります。文化財に対しての配慮を守っているのです。
はがき大300万円の価値です。生徒さんたちは…選ばれた使命感に燃えます! 

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学005



心で聞き入る生徒の皆さん。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学009



やはり、真剣度が違う。凛々しいです!
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学010



アオギリの種を皆さんに進呈。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学014



門川大作京都市長さんの激励です。
( お知らせ・ニュースの11年8月16日福島民友で、記事をご覧頂けます )
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学017



「 よくいらっしゃいました! 」 ねぎらいの言葉をかける市長さん。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学016



「 私は正座は慣れています。姿勢も崩れません 」 市長さんの言葉に、皆さんも同じよう!
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学022



8月15日に記念植樹した、被爆アオギリ2世 「ふくしま」 を解説致します。
生徒さんたちの後ろは、研修道場です。

皇族の、三笠宮彬子さまは、ここにお勤めです。( ひょっとして、お会い出来るかも! )

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学025



写真左端の、白い背広の方は、吹奏楽部顧問、田代研一先生です。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学026



右端は、NPO京すずめ理事長、土居好江さんです。
なお、銀閣寺には檀家があります。驚いたでしょう!
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学028



近くに寄って、感じ取ります。生徒さんが手に持つ紙袋は、銀閣寺からの特製お土産です。
左端に、吹奏楽部指揮者の斎藤美保子先生がいらっしゃいます。写真を撮っています。

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学034

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学035



見つめる生徒さんたち。なかなか絵になりますね。
11.11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学036_1024


何か面白い事を話しているのです。興味深く、くつろいで―ちょっとした屋外研修ですね。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学039


写真中央後ろに、あらぬ方?を見ている人がいます。お世話頂いた馬杉庶務課長さんです。
見守ってくださっています。有り難うございます。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学037



左端に、カメラを構える記者の方が見えます。その瞬間に撮った写真が、毎日新聞記事の写真です。
お知らせ・ニュースの11年11月4日をご覧ください。

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学038



銀閣寺の拝観の道すがら、一番高いところがあります。展望所です。
そこから眺め見れる被爆アオギリ2世 「 ヒロシマ 」   
写真中央に、赤い目印が点のように見えます。そこに植樹されています。

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学041


生徒さんたちは、展望所に設置されたプレートと、案内写真板を見ているのです。
上の写真は、この場所から眺められ、説明も知る事が出来ます。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学042



拝観の最後です。全員で記念撮影です。
これから銀閣寺を出てバスに乗ります。福島県相馬市を一路目指し、ひた走ります。
行ってらっしゃい。必ずの再会を!

11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学043



同行された父兄の皆さんも、ここで合流して、写真に収まります。
心をつなぐ思い出になりますよう。
11[1].11.04銀閣寺被爆アオギリ相馬市立向陽中学見学044








あの感動の夏の、金閣寺・銀閣寺の43ショット!! こちらからご覧になれます。さあどうぞ!
こちらから


公式ブログ・全てわかる、被爆アオギリ里子運動です。一目瞭然にしてください。
こちらです


別窓 | 未分類 | top↑
うれしくて! 福島 高文連の皆さんと!
2011-10-29 Sat 11:01
10月28日金曜日夜8時過ぎ、いよいよ、福島県高文連の皆さんと、対面です。

まず、ロビーで、お互いの自己紹介です。


私は、嬉しさのあまり上気して、

「 会いたくて、会いたくて!どうしても会いたくて、
                       ついに、念願が叶いましたあーッ! 」

思わず言葉が、口をついて出てしまったのです。
( これまでのいきさつは、お知らせ・ニュースの 11 / 10 / 4 をお読みください )

写真は、
福島高校、福島南高校、郡山高校、須賀川桐陽高校、帝京安積高校、学法石川高校 ( DVDでは、桜の精のダンスに出演 ) の皆さん。

29日は、国民文化祭のオープニングパレード、開会式の心の灯火の入場等に出演しました。

なお、写真に写っている福島高校2年生の女子生徒さんは、
「 大変だと思いますが、復興に向けて頑張ってください 」

何と!
皇太子さまから直々に、このようにお声をかけられたのです!

めったにない事です。
良い思い出が出来ましたね。


福島1ー161縮小400
前列左側、京都府高文連会長・竹田保雄校長先生。
右側、国民文化祭企画運営委員・京すずめ土居好江理事長。
右端、学法石川・新宮ゆかり先生。




頂いたプレゼントの数々
福島1-167縮小400


福島1-171縮小400




演劇が収録されたDVD等。
福島1-171縮小400




京都市長さんもお忙しい中、駆けつけてくださいました。いったん解散して、再度集まって頂いての写真。

実は、ロビー集合は7時からでした――これが、福島からのバスが京都市内に入って、交通渋滞で遅れたのです。
その為に、1時間遅らせての、8時集合に変更されました。
感動の対面の後、解散し、私たちは帰路につきました。
いよいよ地下鉄に乗ろうとしていたそのやさき、連絡が入ったのです。
門川市長さんがおいでになる、と。
8時40分過ぎ、再びロビーに集合。
交通渋滞の1時間の遅れ――これが私たちとの集合を叶えたのです。( 手にされているのはDVD )


福島1-164縮小400










別窓 | 未分類 | top↑
| 写真de特派員 | NEXT
copyright © 2006 写真de特派員 all rights reserved. powered by FC2ブログ. template by [ALT DESIGN].
/